千年後の百人一首

 

百人一首のひとつひとつが、

布、糸、ビーズで描き下ろされ

 

現代語で綴られている言葉達。

 

 

刺繍で作品を作る”清川あさみさん”と

詩人”最早タヒさん”の作品。

 

 

子供の頃、覚えた百人一首。

大人になって詠む新鮮さたるや。

 

 

季節を感じる

情景が浮かぶ。

 

 

忍ぶ恋、切ない気持ち

詩に込められた思い。

 

 

百人一首って

こんなに恋の詩がたくさんだったのですね。

 

 

言葉ひとつひとつが美しく

あさみちゃんの押絵もどれも素敵で

眠りにつく前に読む時間が癒しの時間です。