当店のヘナ IPMヘナの使い方

 

4種のハーブをブレンドし使用するため、ヘナ染色のみならず、シャンプー、お化粧水、

入浴剤としてご使用いただけます。
4種のハーブの特徴を知り、あなたのその時の好みのご使用方法をお楽しみください。

 
 
○放置時間 初回は20分ヘナパック中の足湯or入浴は必ずお守りください。
他社のヘナをご利用経験のある方もこちらは必ずお守りください。
(頭痛などの好転反応が出ることがあります。)

 ・アレルギーなどの反応がないか必ず皮膚試験(パッチテスト)を行ってください
ペースト状にした本製品を二の腕(皮膚の薄い部分)に塗布します。
(パッチテストは48時間放置することが推奨されています。ヘナによりお肌に色がつきますが
肌代謝により数週間で退色します。)
 
用意するもの
  1. ヘナハーブパウダー
  2. TAOオイル(なければ植物油)
  3. お湯(40〜45℃くらい)
  4. ボウル(金属以外)
  5. 泡立て器
  6. スプーン(大さじ・小さじ)
  7. ケープ(またはタオル)
  8. 乾いたタオル2枚(頭に巻く用(汚れても良いものを)足拭き用)
  9. シャワーキャップ(保温性の高いもの)
  10. 足湯バケツ(無ければ入浴をしてさい)

 

あると便利なもの
⚫︎ゴム手袋
⚫︎ケープ
⚫︎霧吹き
⚫︎コーヒーフィルター
⚫︎コーヒードリップセット
●汚れが気になる方は、床や壁は新聞紙などでカバーしておきます。

 

お化粧水の作り方

アーマラキーパウダー小さじ1を、コーヒーフィルターにいれ上から熱湯100ccを注いでできあがり。

※防腐剤が入っていないため、冷蔵庫にいれ1週間以内に使いきってください。

 

 

ハーバル水の作り方

ハーバルパウダー小さじ1を、コーヒーフィルターにいれ上から熱湯100ccを注いでできあがり。

※ヘナパック前後に髪の毛にご使用ください。

※防腐剤が入っていないため、冷蔵庫にいれ1週間以内に使いきってください。

 

ブレンド表を参考に、4種のハーブパウダーを計量しボウルに入れます。ムラにならないように、粉の状態であらかじめよく混ぜてください。
染色効果のあるハーブを扱うため、ゴム手袋があると手や爪が染まらずに便利です。


 ※記載の分量は、ショートカット~セミロングで1回分のハーブパックが作れる量です。
※髪の長さや量でハーブパウダーの量を調整してください。

 

ヘナハーブパック手順

 

1 オイルで頭を軽くマッサージします。

2 ヘナを40〜45℃くらいのお湯で溶いてペーストを作る。

*マヨネーズよりやや柔らかいくらいが目安です。

3   霧吹きで髪を湿らす。または、シャワーで濡らしタオルドライしてください。

*整髪料がついている場合は、よく頭を洗ってください。

ハーバルパウダー小さじ1を熱湯200ccで濾したもので湿らすことをオススメします。

トリートメントやコンディショナーはお控えください。

4 ペーストを頭皮に乗せて塗っていきます。

手への染色が気になる場合は、手袋をしてください。

頭頂部、右サイド、左サイド、後という順番が一般的な塗り方になります。
髪の毛先まで一気に塗らず、頭皮全体に塗り終えた後に、頭皮を軽くマッサージをすると

頭皮への塗り漏れが防げます。

その後、髪の毛先まで塗布してください。

※最後に、特に白髪が気になる箇所にペーストを乗せてください。

5 耳までしっかりとタオルでつつみ、保温キャップかぶって放置します。

※待ち時間は、足湯や半身浴などを必ず行ってください。

(足元から温め、体温を上げることで発色を促進、

好転反応(排毒のときに現れる一時的な体調不良)を防ぎます。)

*足湯や浴槽に余ったペースト、またはパウダーを溶かし込むことで相乗効果が期待できます。

入浴剤としての使用はお風呂の材質によっては染色する可能性がありますので自己責任のもとご使用ください。

 ・初回の使用は20分を必ずお守りください。

・2回目以降は体調と相談しながら最長でも60分までとしてください。

 

 

6 時間がきたらお湯だけで洗い流します。

*ドライヤーで乾かし乾燥が気になる場合は、植物オイルをつけて保護しましょう。

※ヘナ塗布後2~3日はお湯のみの洗髪がおすすめです。


◎ご使用上の注意点
以下の注意点をご了承の上、自己責任のもとにヘナ&ハーブパウダーご購入・ご使用をお願いいたします。

※ ご使用になる前に、アレルギーなどの反応がないかパッチテストを行うことをおすすめいたします。
ペースト状にした本製品を二の腕(皮膚の薄い部分)に塗布します。

(パッチテストは48時間放置するのが推奨されている方法です。)

赤みや湿疹など出た場合、または、パッチテストで異常がなくても何らかの

異常を感じられた場合はご使用を中止してください。

※ 生理初日~3日目までの方、妊娠初期の方はご使用を避けてください。
※ 目に入った際は直ぐに洗い流して下さい。
※ 洗面台、浴室に付いたヘナはすぐにお湯で洗い流してください。材質によっては染まることがあります。
※ ご使用後、髪質により洗髪後、褪色する場合があります。タオルや衣類等ご注意ください。
※ 日光、湿気を避けて瓶に移して保存し、3か月以内に使いきってください。
※ 作ったペーストは保管せず使いきってください。
※ 天然素材のため、発色・色味には個人差があります。
 

 

シャンプー&リンス

①ボトルにお湯を100~150ccが目安を入れ

自分のヘナパックのブレンドを小さじで量り、

ハーブシャンプーを作る。

※髪が量・長さにより湯量、パウダー量は調整してください。

 

②シャワーで頭を予洗いし、ボトルの口を頭皮につけて塗り揉み洗い。2~3分置いて洗い流す。

なお、置き時間を延ばすことで多少の染色効果をのぞめます。その際は、身体を冷やさぬよう入浴をしてください。

-----------------------------------------------------

自分のヘナパックのブレンドを小さじで量りいれて作る他、ハーバルパウダーとアーマラキーを各大さじ1づつで作成も可。

ご自分の好きな配合をお探しください!

 

 

ツータッチ

特に白髪が多い方に~よりしっかりと染まる方法です。

 

1 オイルで頭を軽くマッサージします。

2 リーフヘナ大さじ4、スパイスアーマラキー大さじ1を40〜45℃くらいのお湯で溶いてペーストを作る。

*マヨネーズよりやや柔らかいくらいが目安です。

*髪の量や長さによりヘナ・ハーブ量を調整してください。

3   霧吹きで髪を湿らす。または、シャワーで濡らしタオルドライしてください。

*整髪料がついている場合は、よく頭を洗ってください。

ハーバルパウダー小さじ1を熱湯200ccで濾したもので湿らすことをオススメします。

トリートメントやコンディショナーはお控えください。

4 2で作ったペーストを頭皮に乗せて塗っていきます。

手への染色が気になる場合は、手袋をしてください。

頭頂部、右サイド、左サイド、後という順番が一般的な塗り方になります。
髪の毛先まで一気に塗らず、頭皮全体に塗り終えた後に、頭皮を軽くマッサージをすると

頭皮への塗り漏れが防げます。

その後、髪の毛先まで塗布してください。

5 タオルで包み保温キャップをかぶり20~30分置きます。

6 お湯ですすき、タオルドライします。

7 部分的にインディゴ(40~45℃のお湯で溶いたもの)を塗ります。

白髪がオレンジ色に染色された部分のみペーストを塗ります。

コームブラシ等を使うと塗布しやすいです。

インディゴは手が黒く染まりますので、手袋をすることをお勧めします。

8 タオルで包み自然放置します。

・ライトブラウン・・・・20分

・ナチュラルブラウン・・30分

・ダークブラウン・・・・40分

※上記の時間はあくまで目安となります。

9 シャンプーを使わず、お湯のみですすぎます。

仕上げにハーバルブレンド水ですすぐと更に定着が良いです。

ツータッチから4日後に通常のヘナパックをお勧めします。

 

※ツータッチ後は緑色に染まります。酸素に触れることで色味が深まり落ち着いた色になります。(黒~茶色)

※お出かけ当日などのご使用にはご注意ください。

 

入浴剤や足湯にもご使用いただけます。

ヘナ・ハーバルブレンド・アーマラキーをお好みで大さじ2加えてください。

-----------------------------------------------------------------

※皮膚が敏感な方、アトピーの方はヘナのみご使用してください。

 

アトピー体質の方の足湯使用は

ヘナのみ(小さじ1)で10分としてください。